2021年10月ホームページを公開しました!

学校での著作権の意味や必要性は大きく変化しています。
1人1台端末・オンライン授業・公衆送信の定額制・教科書や教員採用試験への掲載など
「著作権を習ってないから、知らない」ですまないのは、子どもも教員も同じです。

 

著作権を知ると、著作物使用への自信・アイディアの創造・校務の効率化につながります。
法律の専門家でない教員だからこそ見える『学校と著作権』一緒に考えてみませんか?

 

著作権で子どもの逮捕者を出さない。
今日から・自分から・できることから。

【学校著作権ナビ】サイトを立ち上げた理由とは?

新着記事

学校著作権ナビ 動画

Nコン2022の申込方法と著作権(無断改変は審査対象外!)

今日は Nコン2022申込方法(著作権こってりバージョン)をお送りします。 NHK全国学校音楽コンクール(通称Nコン)は小学校・中学校・高校と校種別に分かれた部門の合唱コンクールで、参加校は2021年度1,622校、コロナ前は...
学校著作権ナビ 動画

【教員のための著作権解説】学校の研究授業での著作権の取り扱い(参観者に教材コピーを配布できるか?)

今日は学校における研究授業の著作権について、お話します。 学校の中または外で行う場合の配布資料や教材づくりで必要な知識、教科書の画像を資料に使う際の話をしていきます。 私が行う研修の中でも、私が教科書の中身をぼかして...
お知らせ

【報告】WIPO(世界知的所有権機関)で日本の著作権制度・著作権教育について講演しました

今回の著作権教育の発表は海を渡りました。電波で…です。 4月26日にカンボジアで行われたWIPO(ワイポ)の研究会でオンライン発表をしました。 WIPO(WORLD INTELLECTUAL PROPERTY ORGANIZ...
お知らせ

【報告】沖縄県・浦添市の学校司書の先生方に著作権・SARTRASに関する研修を行いました

沖縄県・浦添市の学校司書さん向けに学校での著作権やSARTRASについて講演を行いました。もちろんオンラインです。 今回は初めて「学校司書さん向け」というリクエストでした。 著作権法第35条「授業」の範囲で、学校司書さんが「どこ...
タイトルとURLをコピーしました