【こちらをクリック】教員・学校のための著作権研修をご案内しております

【先生からの質問に回答】YouTubeを授業で見せていい?

【先生からの質問に回答】YouTubeを授業で見せていい?著作権よくある質問
著作権よくある質問

学校著作権に関する質問にお答えします。

今日の質問は

 

Q.YouTubeを授業で見せていい?

校種や教科問わずよく聞かれる質問です。

GIGAスクール構想で小中学生1人1台端末を持つようになって様々なツールを使うようになっていると思います。
けれども、YouTubeに関しては賛否両論があったり使わせ方・使い方に疑問を持ったり心配に思っている人もいるようです。導入が早い学校もあればまだまだというところもありそうです。

YouTubeを授業で見せること果たして著作権的に良いのでしょうか?

 

答えは

A.はい、すべて見せても大丈夫です。ただし…

 

です。

「すべて見せても大丈夫」というのは、
YouTubeにアップロードされている動画については、アップロードする人が「著作権侵害をしていない」という確認をした上でアップロードしているので、YouTube上にある動画は全て著作権を侵害していない動画ということに一応なっています。

「ただし…」というのは、
アップロードしている人が確実に完璧に著作権を理解しているか?というと疑問です。ですので、完全なる違法アップロードとわかるようなものは使うのは避けましょう。

YouTube自身も様々な著作権に対する対策を行っています。
アップロードする人に対する注意喚起はもちろん、主張している人にもYouTubeに対して著作権侵害を報告することができるという仕組みもあります。

 

他の動画「YouTubeの著作権保護への取り組み【学校でYouTubeを使えます。ただし…】」をご覧下さい。

 

ウェブサイトの記事の内容は動画と同じです。
動画「【先生からの質問に回答】YouTubeを授業で見せていい?」も是非ご覧ください。

学校の先生や保護者の方も著作権の知識が必要です。学校での著作権に関する情報は、研修や講習などでもお話をしています。(研修事例はこちら)国公立中学校での実践経験の中で培った現場目線を大切にしながら、各学校の実情やお悩みに沿って研修内容を考えます。ぜひお問い合わせください。

▶研修のご依頼・ご相談はこちらの専用ページで受け付けています。
▶その他のご相談・ご質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

学校著作権ナビゲーター

東京学芸大学卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。東京都公立中・東京学芸大学附属世田谷中に勤務。

2020年より学校勤務経験を活かして机上の法律と学校現場をつなぐ「学校著作権ナビゲーター」として活動を始め、YouTube・ウェブサイトにおいて教員・教育実習生が著作権を学ぶためのコンテンツを発信している。

音楽文化事業に関する有識者委員会委員(JASRAC)/共通目的事業委員会専門委員(SARTRAS)/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の学校著作権ナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました