2021年10月ホームページを公開しました!

【先生からの質問に回答】卒業生に渡す思い出DVDに音楽を使っていい?

【先生からの質問に回答】卒業生に渡す思い出DVDに音楽を使っていい?学校著作権ナビ 動画
学校著作権ナビ 動画
この記事は約2分で読めます。

学校著作権に関する質問。

 

Q.卒業生に渡す思い出DVDに音楽を入れていい?

 

です。

卒業生 小学校6年生や中学校3年生などに1年間の思い出、もしくは3年間6年間の思い出をまとめて映像にしてそこに音楽を重ねることあるかもしれません。

 

A.音楽を重ねると一口に言っても様々な方法があり、「一方ではできます、もしくは一方ではできません」となります。

 

今回は両方の例を回答します。

まずは「(音楽をいれることが)できる例」から。
音楽を載せる場合、

(1)子どもや教員の演奏であれば音楽を入れることができます。
(2)音楽を使うことに対して許諾を得ている場合は使うことができます。
(3)JASRACなどに支払いをしている場合は使うことができます。

 

一方、使うことができないのは3つです。

(1)CDやダウンロードを使うということです。
CDの複製コピーは私的利用は可能、自分で聞く・家族で聞く分にはできます。授業とされている行事・部活動の場合は使うことができます。
が、逆に何十人と共有する場合は使うことができません。ダウンロードも同様です。

(2)無許諾であること。
音楽を使うときにその作者・作った人それからそれを演奏している人に許諾を得ていない場合は使うことができません。

(3)支払いをしていない場合は使うことができません。

JASRACなどのホームページを見ると、何曲使う?また何部する?そういった指標で金額が出てきます。
数百円から数万円の場合もありますのでホームページ上で試算してみてください。

 

せっかく作る卒業生のためのDVDが法を犯したものであってはいけません。
必ず音楽を使う範囲・使い方について気をつけてみてください。

 

ウェブサイトの記事の内容は動画と同じです。
動画「【先生からの質問に回答】卒業生に渡す思い出DVDに音楽を使っていい?」も是非ご覧ください。

学校の先生や保護者の方にも著作権の知識は必要です。学校向けの著作権に関する情報は、学校での研修や講習などでもお話をしています。国公立中学校での実践経験の中で培った現場目線を大切にしながら、各学校の実情やお悩みに沿って研修内容を考えます。ぜひお問い合わせください。

▶お仕事・相談・質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

学校著作権ナビゲーター

東京学芸大学卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。東京都公立中・東京学芸大学附属世田谷中に勤務。

2020年より学校勤務経験を活かして机上の法律と学校現場をつなぐ「学校著作権ナビゲーター」として活動を始め、YouTube・ウェブサイトにおいて教員・教育実習生が著作権を学ぶためのコンテンツを発信している。

音楽文化事業に関する有識者委員会委員(JASRAC)/共通目的事業委員会専門委員(SARTRAS)/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の学校著作権ナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました