2021年10月ホームページを公開しました!

【先生からの質問に回答】授業のアイデアは著作権法で保護される?

【先生からの質問に回答】授業のアイデアは著作権法で保護される?学校著作権ナビ 動画
学校著作権ナビ 動画
この記事は約2分で読めます。

学校著作権に関する質問
今回は、

Q.A先生のアイデアをB先生が教科で実施していいですか?

 

様々な授業のアイデアなどが日々生まれてくると思います。
それも小学校なら隔年で共有したり、中学校高校なら教科で共有したり相談したりということあると思います。

A先生が思いついた教科のアイデア・授業のアイデアをB先生が無許可で実施していいのでしょうか?

 

答えは

A.できます

アイデアは著作権法では保護されません。
先生方が日々考えている授業のアイデアや教材教具のアイデア、これはアイデアの段階では著作権法では保護されません。

他の先生が自分のアイデアを活かして授業をした場合、皆さんならどう考えるでしょうか?
嬉しいと思うのか「それ私のアイデアなのに!」と思うのか、

また、自分自身が誰かのアイデアを無断でしてしまうこともあるかもしれません。
そもそも他の人の実践や研究、他の人からのアドバイス・アイデアが自分の授業をつくっていくことも当然あります。

自分が他の人のアイデアを使って授業をする時に、「この相手がどう思うか?」そこに少し配慮をしてみましょう。

 

ウェブサイトの記事の内容は動画と同じです。
動画「【先生からの質問に回答】授業のアイデアは著作権法で保護される?」も是非ご覧ください。

学校の先生や保護者の方にも著作権の知識は必要です。学校向けの著作権に関する情報は、学校での研修や講習などでもお話をしています。国公立中学校での実践経験の中で培った現場目線を大切にしながら、各学校の実情やお悩みに沿って研修内容を考えます。ぜひお問い合わせください。

▶お仕事・相談・質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

学校著作権ナビゲーター

東京学芸大学卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。東京都公立中・東京学芸大学附属世田谷中に勤務。

2020年より学校勤務経験を活かして机上の法律と学校現場をつなぐ「学校著作権ナビゲーター」として活動を始め、YouTube・ウェブサイトにおいて教員・教育実習生が著作権を学ぶためのコンテンツを発信している。

音楽文化事業に関する有識者委員会委員(JASRAC)/共通目的事業委員会専門委員(SARTRAS)/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の学校著作権ナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました