【こちらをクリック】教員・学校のための著作権研修をご案内しております

【先生からの質問に回答】行事の写真に写り込んだ著作物(看板など)を広報誌に使える?

【先生からの質問に回答】行事の写真に写り込んだ著作物(看板など)を広報誌に使える?著作権よくある質問
著作権よくある質問

学校著作権に関する質問、
今回は、

Q.学校行事で写真に写り込んだお土産やパブリックアートを広報誌に使えるか?

という質問です。

 

学校行事、特に遠足や修学旅行など外に行った時には様々な写真たくさん撮りますよね。
そこに映り込んだお土産、またパブリックアートと言われる彫刻や絵画を広報誌に使うことができるのでしょうか?

 

答は

A.主の著作物から切り離せない映り込みは使用可能です

 

例えば主の著作物、生徒自身を写そうとして後ろにあるパブリックアートなとか映り込んでしまった場合には使用可能です。
それ以外については「映り込みの規定」というのが著作権法第30条2項にあります。
この対象かどうかを確認してみてください。

外での活動、遠足や修学旅行で写り込む著作物はもちろんですけれども、例えば運動会や文化祭などでの看板こういったものも著作物になります。

広報誌にするということは色々な人の目に触れるということです。
学校内だけの条件、35条の範囲では収まりきらないこともありますのでよく注意してください。

 

学校行事に関連して起こりそうな著作権の問題について「保護者が陥りがちな著作権トラブル(オンライン授業・行事配信・子どもの作品)」でも紹介しています。

 

ウェブサイトの記事の内容は動画と同じです。
動画「【先生からの質問に回答】行事の写真に写り込んだ著作物(看板など)を広報誌に使える?」も是非ご覧ください。

学校の先生や保護者の方も著作権の知識が必要です。学校での著作権に関する情報は、研修や講習などでもお話をしています。(研修事例はこちら)国公立中学校での実践経験の中で培った現場目線を大切にしながら、各学校の実情やお悩みに沿って研修内容を考えます。ぜひお問い合わせください。

▶研修のご依頼・ご相談はこちらの専用ページで受け付けています。
▶その他のご相談・ご質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

学校著作権ナビゲーター

東京学芸大学卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。東京都公立中・東京学芸大学附属世田谷中に勤務。

2020年より学校勤務経験を活かして机上の法律と学校現場をつなぐ「学校著作権ナビゲーター」として活動を始め、YouTube・ウェブサイトにおいて教員・教育実習生が著作権を学ぶためのコンテンツを発信している。

音楽文化事業に関する有識者委員会委員(JASRAC)/共通目的事業委員会専門委員(SARTRAS)/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の学校著作権ナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました