【Click HERE】English translation website is now open!

【授業実践例】「ミックスナッツ」をどうやって聴く?(東京都私立H高等学校)

生徒向け著作権出前授業の紹介
生徒向け著作権出前授業の紹介
本サイトはアフィリエイトプログラム等による収益を得ています
PR

今回はちょっと変わった、だけどとてもうれしい、高校生からの講演依頼です。

2023年7月、東京都私立H高等学校の生徒主催の著作権講習会で「『ミックスナッツ』をどうやって聴く?」の講師を務めました。

講演時間は30分間、オンライン会議ツールZoomでPowerPointを共有したり、双方向コミュニケーションツールAhaSlides(アハスライド)を用いたりしながら、進めていきました。

内容は『ミックスナッツ』(Official髭ダンディズム)の曲をどのように聴くか?から著作者の話・著作権の基礎・学校での著作権・よくある例でした。

対象者は東京都私立H高等学校の生徒さん、約10名が参加されました。

 

本題に入る前にアイスブレイク。
アハスライドのアンケート機能や言葉の入力・スケールの機能を体験してもらいました。

まずは身近な著作者を意識させるために好きな歌手を尋ねました。
アハスライドのワードクラウドでは、回答が重なると文字が大きく表示されます。

 

音楽が聴く人の耳に入るまでに、どのような人々や会社が介在するか。
違法に音楽を使うことで、作る人たちが困ることになるということを確認した上で、著作権の基礎・学校での著作権について話しました。

 

 

PR

企画した担当者の感想紹介

「参加生徒の子が『私のSNSヤバいかも』『アイコン変えなきゃ』と言っていて私含めみんなにとって、とても貴重な学びになったなと感じています。

アハスライドを使った授業は純粋にとても楽しかったですし、私ももっとたくさんの生徒に受けてもらいたいなと感じました。文化祭の実行委員会や、実行委員以外もクラスで出し物を出店すると思うので、文化祭での著作権侵害を気をつけられるような授業が文化祭シーズンにあったらすごく素敵だなと思いました。」

 

今回、声をかけていただいたきっかけはYouTubeでした。
法律に関心がある高校生から著作権教育の活動についてインタビューを受け、高校生に話す機会を作ってもらったのです。

 

 

PR

まとめ

高校生はたくさんの著作物に日々触れています。
好きな歌手がいて、音楽を聴いたり、動画を見たり、著作物から刺激を受けている世代です。また、「著作権」という言葉や意識を、もしかしたら大人よりも知っているかもしれません。

学校でも家庭で著作物に触れていてその魅力を知っているからこそ、もっと知ってほしい、正しく使ってほしいと感じました。

学校での著作権については研修・講習・授業などでお話をしています。(事例→先生向け研修生徒向け授業司書向け研修)国公立中学校での実践経験の中で培った現場目線を大切にしながら、各学校の実情やお悩みに沿って研修内容を考えます。ぜひお問い合わせください。

▶研修のご依頼・ご相談はこちらの専用ページで受け付けています。
▶その他のご相談・ご質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

学校著作権ナビゲーター

東京学芸大学卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。東京都公立中・東京学芸大学附属世田谷中に勤務。

2020年より学校勤務経験を活かして机上の法律と学校現場をつなぐ「学校著作権ナビゲーター」としての活動を開始。公立中学校の音楽科教員として教鞭をとる傍ら、教員・教育実習生・子どもに著作権への理解を深めてもらうための講演活動・情報発信・執筆活動を行っている。

音楽文化事業に関する有識者委員会委員(JASRAC)/共通目的事業委員会専門委員(SARTRAS)/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
PR
原口直をフォローする
原口 直の学校著作権ナビ

コメント