【こちらをクリック】教員・学校のための著作権研修をご案内しております

【子ども・教員向け】著作権を学べるおすすめ3冊の本を紹介!

【子ども・教員向け】著作権を学べるおすすめ3冊の本を紹介!学校著作権ナビ 動画
学校著作権ナビ 動画

私は弁理士でもなければ弁護士でもなく、法学部卒業でもありません。

あるのは学校現場の経験。
つまり、子どもや保護者、教員に「どの程度、いつ、どう説明すればいいかがわかる」ということです。
また、学習指導要領での知的財産権(著作権)の位置づけや、それに伴う教科書や教員採用試験がわかること。そして、授業実践の経験です。

大学卒業後に著作権を知ってから、できる範囲の中で学習をしてきました。
その時に頼ったのは、書籍やサイト、動画などです。サイトは別の動画「【子ども・教員向け】著作権を学べるウェブサイトはコレだ!」で紹介しています。

 

 

今日は私が法律の素人として著作権を勉強した書籍を紹介いたします。
著作権に関する書籍は法律・判例等、様々な種類が出版されていますが、その中でも

 

学校に関わる著作権
子どもも教員も、そして、保護者も学べる

という視点で3冊選書しました。

 

紹介する始めの2冊は、私が中学校3年生の音楽科の授業の中の調べ学習で使用した書籍です。
選書はベテランの学校司書さんにお任せし、地域や大学の図書館から50冊以上取り寄せてくださいました。
中学生の発達段階や好みを誰よりもよくわかっていて、選書のエキスパートである学校司書さんが選んだ書籍です。

 

【学校を支える人】教員のための学校図書館・司書教諭活用のススメ」は学校図書館を活用していない先生に是非ご覧になって頂きたい動画です。

 

その中でも「特におすすめ!」とピックアップして中学生に紹介した書籍が始めの2冊です。
通販サイトで紹介されている内容ですので、ぜひ参考になさってください。

 

また、著作権の情報を得る時に気をつけていただきたいのは発表された年です。書籍の場合は出版された年です。著作権法は2018年に2回、2020年に1回、2021年1回、改正が行われています。今後も変わる可能性があります。
この動画の情報もそうですが、いつの情報なのかを、すべての情報において気にしてご覧ください。

 

 

18歳の著作権入門

福井健策さん著・2015年・筑摩書房から出版されています。

 

Amazon.co.jp: 18歳の著作権入門 (ちくまプリマー新書) eBook : 福井健策: 本
Amazon.co.jp: 18歳の著作権入門 (ちくまプリマー新書) eBook : 福井健策: 本

 

学校司書さんが中学生に勧める前に、授業を考える教材研究の段階で私自身に勧めてくださいました。私自身が著作権を学ぶ第1歩として読んだ本でもあります。
実際に中学生も授業の中で興味を持って手に取り、基礎知識編で出てくる似かよったウサギのキャラクターを、グループで見せながら意見を交わしていました。

 

本の内容を一部紹介します。

第1部 基礎知識編
「著作物」って何?―まずはイメージをつかもう
著作物ではない情報(1)―ありふれた表現や社会的事件は?
著作物ではない情報(2)―アイディア、実用品は?
著作物ってどんな権利?―著作権侵害だと何が起きるのか
どこまで似れば盗作なのか―だってウサギなんだから
引用は許されるのか?教育目的での利用は?
まだある「できる利用」―入場無料のイベント、写り込み

第2部 応用編
ソーシャルメディアと著作物―つぶやきに気をつけろ!
動画サイトの楽しみ方―違法動画を見てよい?「歌ってみた」は?
JASRACと音楽利用のオキテ
青空文庫を知っていますか?
「海賊版」の問題―作り手たちが本当に困るのは?
著作権は何のためにあるのか?著作権をどう変えていくか?

 

 

すべてのJ-POPはパクリである

マキタスポーツさん著・2014年・扶桑社から出版されています。

 

Amazon.co.jp: すべてのJ-POPはパクリである【現代ポップス論考】 (SPA!BOOKS文庫) eBook : マキタスポーツ: 本
Amazon.co.jp: すべてのJ-POPはパクリである【現代ポップス論考】 (SPA!BOOKS文庫) eBook : マキタスポーツ: 本

 

こちらは特に吹奏楽部や軽音楽部、YouTubeやサブスクなどで音楽を聴くのが好きだという生徒に人気があった本です。

まず、マキタスポーツさんは大好きな芸人さんの一人です。R-1の予選で初めて「歌うまい歌」を聴いて呼吸困難になるほど笑い、単独ライブをすぐに調べたほどです。現在は俳優としても大活躍していらっしゃいます。

話を本に戻して、マキタスポーツさんは音楽活動をしたり、「作詞作曲モノマネ」でヒット曲をロジックで説明したりする中で、タイトルにもある「すべてのJ-POPはパクリである」という結論に行きつきました。

 

本の内容を一部紹介します。

第1章 ヒット曲の法則
・ヒット曲を生み出す時代背景
・カノン進行は一発屋を生む?

第2章 なぜCDが売れなくなったのか?
・AKB48の曲がヒットする2つの理由
・ジャニーズという「ジャンルのすごさ」
・ビジュアル系をビジュアル系足らしめる3要素

第3章 モノマネから発するオリジナリティー
・作詞作曲モノマネはオリジナルなものを生み出す
・オリジネイタータイプとフォロワータイプ

第4章 日本のポップスはすべてノベルティー・ソングだ
・「ノベルティー・ソング」とは何か
・「人格/規格」という見立てでアーティストの秘密がわかる
・パクリ論争などバカバカしい

 

著作権や知的財産権という言葉や概念を、J-POPという切り口から考えて中学生にも読みやすくなっています。
子どもでも大人でも、音楽が好きな人や著作権を学ぶと必ず出てくるパクリについて、わかりやすく、おもしろがりながら学びたい人におすすめの本です。

 

 

著作権ハンドブック:先生、勝手にコピーしちゃダメー

宮武久佳さん・大塚大(だい)さん著・2021年・東京書籍から出版されています。

 

Amazon - 著作権ハンドブック :先生、勝手にコピーしちゃダメ | 宮武 久佳, 大塚 大 |本 | 通販
Amazonで宮武 久佳, 大塚 大の著作権ハンドブック :先生、勝手にコピーしちゃダメ。アマゾンならポイント還元本が多数。宮武 久佳, 大塚 大作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また著作権ハンドブック :先生、勝手にコピーしちゃダメもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

学校や子ども・教員向けの著作権の解説本の中で、改正された著作権法に対応している2021年12月時点で最新の内容です。
改正で学校が最も関わりの深い授業目的公衆送信補償金・SARTRAS・第35条運用指針について触れています。

 

 

序章ではオンライン授業と変更された教育現場の著作権ルールが書かれています。

 

第Ⅰ部は5分でわかる著作権の基礎知識
夏休みの作文にも著作権がもらえますか?
どんなコンテンツでも著作権法で保護されるの?

第Ⅱ部は著作権の常識・非常識として
「学校その他の教育機関」「複製」といった第35条の言葉が示す範囲が、1問1答で解説されています。

 

内容盛りだくさんで、自分が置かれている状況や立場によって、今知りたい部分・必要な部分だけを抜き出して読むことができます。
読んだ1つの前後には似かよった内容があり、気になってついつい読み進めてしまうでしょう。少しずつ、興味の輪を広げられる構成になっています。

子どもが読める解説の部分もあるため、子どもにもおすすめです。

 

 

まとめ:【子ども・教員向け】著作権を学べるおすすめ3冊の本を紹介!

今日は著作権を学ぶために役立つ本を3冊紹介しました。

著作権法について触れた本は、法律ですので難しい言葉や言い回しが多いです。
私は常々、法律の言葉の翻訳が必要だと感じています。同時に、法律家に対する学校の言葉の翻訳も必要です。

お互いが言葉や状況を理解し合えないと、せっかく「学ぼう」「学んでもらおう」という最も良い間柄であっても、すれ違ってしまい、時にわかりあえなくなってしまうのです。
「相談したけど、よくわからなかった」は「もう相談しない」につながってしまいますし、「法律家(もしくは教員)は、理解力や勉強が足りない」と物別れになってしまうかもしれません。

そうならないために、両方を理解している翻訳家がお互いのために必要です。
これからも学校と著作権をつなぐ翻訳家として、動画や情報を発信していきます。

 

ウェブサイトの記事の内容は動画と同じです。
動画「【子ども・教員向け】著作権を学べるおすすめ3冊の本を紹介!」も是非ご覧ください。

学校の先生や保護者の方も著作権の知識が必要です。学校での著作権に関する情報は、研修や講習などでもお話をしています。(研修事例はこちら)国公立中学校での実践経験の中で培った現場目線を大切にしながら、各学校の実情やお悩みに沿って研修内容を考えます。ぜひお問い合わせください。

▶研修のご依頼・ご相談はこちらの専用ページで受け付けています。
▶その他のご相談・ご質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

学校著作権ナビゲーター

東京学芸大学卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。東京都公立中・東京学芸大学附属世田谷中に勤務。

2020年より学校勤務経験を活かして机上の法律と学校現場をつなぐ「学校著作権ナビゲーター」として活動を始め、YouTube・ウェブサイトにおいて教員・教育実習生が著作権を学ぶためのコンテンツを発信している。

音楽文化事業に関する有識者委員会委員(JASRAC)/共通目的事業委員会専門委員(SARTRAS)/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の学校著作権ナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました