2021年10月ホームページを公開しました!

オンライン授業の著作権を管理する人《SARTRAS(サートラス)》にインタビュー

オンライン授業の著作権を管理する人《SARTRAS(サートラス)》にインタビュー学校著作権ナビ 動画
学校著作権ナビ 動画
この記事は約2分で読めます。

2021年10月、学校著作権に特化したYouTubeチャンネル「原口 直の学校著作権ナビ」を立ち上げました!

教員や教育実習生向けYouTubeチャンネル「一歩先ゆく音楽教育」の中で解説してきた「学校著作権」。
その需要の高まり、にも関わらず低い認知度、今!必要であることから、チャンネルを独立させて今後の成長を目指します。

 

チャンネル開設記念動画は全3回のインタビューです。

オンライン授業・GIGAスクールには欠かせない「授業目的公衆送信補償金等管理協会=SARTRAS(サートラス)」
ジョン・レノンとの別れをきっかけに、著作権ひと筋に尽力される理事 野方英樹様のお話です。

 

皆さんの学校の自治体はSARTRASへ補償金を支払っていますか?
小学生は1人1年120円・中学生は180円…支払わないとオンライン授業や行事の配信ができません。

誰が誰に支払う?
何ができる/できない?
SARTRASは法律の専門家??

 

今後、このチャンネル内で公開する予定の動画は、

・子ども・教員がやってしまいがちな著作権違反
・教員採用試験の著作権問題を解いてみる
・子ども・教員が著作権を学べるサイト紹介

などを予定しています。

 

著作権で子どもの逮捕者を2度と出さない。
今日から・自分から・できることから。

学校と著作権を結ぶ翻訳家「原口 直の学校著作権ナビ」のこれからをお楽しみに!

ネットや本の情報・専門家への問い合わせでは解決しないことありませんか?
公立・国立の学校現場を知っている経験を生かして、机上の法律と学校現場の皆さんとをつなぎます。現実的に学校での対応が可能な施策を一緒に考えましょう。

▶お仕事・相談・質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

学校著作権ナビゲーター

東京学芸大学卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。東京都公立中・東京学芸大学附属世田谷中に勤務。

2020年より学校勤務経験を活かして机上の法律と学校現場をつなぐ「学校著作権ナビゲーター」として活動を始め、YouTube・ウェブサイトにおいて教員・教育実習生が著作権を学ぶためのコンテンツを発信している。

音楽文化事業に関する有識者委員会委員(JASRAC)/共通目的事業委員会専門委員(SARTRAS)/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の学校著作権ナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました