【こちらをクリック】教員・学校のための著作権研修をご案内しております

【著作権研修事例】学校と著作権~子どもを守るための知識~(栃木県私立中学高等学校連合会)

【著作権研修事例】学校と著作権~子どもを守るための知識~(栃木県私立中学高等学校連合会)学校著作権研修の紹介
学校著作権研修の紹介

2022年12月中旬、栃木県私立中学高等学校連合会のICT活用教育活動推進事業研修会において、教員向けに講演を行いました。

 

講演時間は60分、オンラインでパワーポイントとAhaSlides(アハスライド)を活用しました。

内容は、著作権の基礎・学校での著作権・オンライン授業や行事配信の留意点・授業目的公衆送信補償金の制度
著作権教育の音楽科での実践例・学校からのよくある質問でした。
依頼主の先生からは、さらに「子どもに対して指導すべきこと」というリクエストがありましたので加えました。

対象者が私学の管理職や情報担当者ということで、校種をまたいだ話をするよう心がけました。

本題に入る前にアイスブレイク。
アハスライドのアンケート機能や言葉の入力・スケールの機能を体験していただきました。

今回はオンラインでしたので、今後栃木にお伺いした際に何を食べたらいいのかを聞いてみました。ワードクラウドでは、回答が重なると文字が大きく表示されます。

 

やはり餃子強し!耳うどんって何でしょうか…気になります。

 

 

教員採用試験に著作権分野が出題されています

ここからは本題です。

 

講演の中では「音楽科の教員採用試験に著作権が出題されている」という例を話しました。
ここ3年間で採用された音楽科の教員は著作権を勉強しています。また教員になってからも、部活動の外部コンクールでも著作権について知らないと受賞取消などになってしまうため、情報を持っています。

 

令和4年度の教員採用試験で出題された著作権の問題は「校歌・教員の校内研修・チャリティーコンサートの著作権で注意すべきこと(令和4年教採問題解説)」の動画で解説しています。

 

 

研修を企画した担当者の感想紹介

声をかけていただいたきっかけは、文化庁の教職員著作権講習会でした。
「著作権講習会よりも、わかりやすく説明していただき感謝しています。」

さらに、教員だけでなく、子どもにも伝えたい内容だという感想をいただきました。

 

 

まとめ

授業目的公衆送信補償金(SARTRAS)の支払は設置者なので、私学の場合は学校法人などになります。
公立のように「知らない間に払っていた」ということもなく、当事者意識が高いと感じました。

 

 

学校の先生や保護者の方も著作権の知識が必要です。学校での著作権に関する情報は、研修や講習などでもお話をしています。(研修事例はこちら)国公立中学校での実践経験の中で培った現場目線を大切にしながら、各学校の実情やお悩みに沿って研修内容を考えます。ぜひお問い合わせください。

▶研修のご依頼・ご相談はこちらの専用ページで受け付けています。
▶その他のご相談・ご質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

学校著作権ナビゲーター

東京学芸大学卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。東京都公立中・東京学芸大学附属世田谷中に勤務。

2020年より学校勤務経験を活かして机上の法律と学校現場をつなぐ「学校著作権ナビゲーター」として活動を始め、YouTube・ウェブサイトにおいて教員・教育実習生が著作権を学ぶためのコンテンツを発信している。

音楽文化事業に関する有識者委員会委員(JASRAC)/共通目的事業委員会専門委員(SARTRAS)/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の学校著作権ナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました