【こちらをクリック】教員・学校のための著作権研修をご案内しております

【登壇報告】文化庁主催の著作権講習会に登壇しました

【登壇報告】文化庁主催の著作権講習会に登壇しました活動報告・お知らせ
活動報告・お知らせ

2022年8月開催の文化庁主催のイベント「著作権講習会」において、全国の教職員・情報通信技術支援員(ICT支援員)向けに講演をしました。

 

 

海賊版による恐ろしい被害状況とは

今回は「知財創造教育の実践 ~インターネット上の海賊版被害の現状を踏まえて~」を演題の約3時間の講習会のうち、第2部の1時間を担当しました。
一般社団法人ABJ伊東敦さんとの対談形式で、伊東さんから漫画の海賊版の現状を聞いて私から学校での現状や実践について話しました。

第1部は授業目的公衆送信補償金等管理協会(SARTRAS)理事の野方英樹さんから、著作権とオンライン授業の話がたっぷり1時間半ありました。
その後の登壇でしたので、とても安心して学校に特化し学習指導要領・教科書・教員採用試験・NHKコンクールや吹奏楽コンクールについて話すことができました。

 

著作権ひと筋に尽力されるSARTRAS理事 野方さんとの対談動画をこちらでも公開しています。

 

対談した伊東さんの話では、

・海賊版へのアクセスは2022年1月に月4億回超
・海賊版サイトは1,000サイト
・タダ読みされた金額2021年は年間1兆超
・海賊版サイトへの作品追加リクエスト、いいね
・海賊版サイトからウイルス、不正請求、詐欺メール、アダルト系、出会い系、オンラインカジノ等につながる

このような恐ろしい話を聞きました。

子どもたちは漫画が好きです。そして、タダで読めることを望み、海賊版サイトを知っている子どもはヒーロー/ヒロインになってしまいます。

 

ABJの対策として、

・海賊版サイトへの閉鎖要請
・出版社が正規サービスを運営
・正規サービスへのABJマークをつける
・漫画、映画の前、サイト等での普及啓発

といったことを進めているそうです。

また、伊東さんは作り手に近いこともあり、子どもたちの心を打つ漫画家さんの言葉も聞けました。

 

子供が大好きな漫画を使って著作権教育を行う方法を「漫画を使って学校で著作権教育をしてみよう!【海賊版サイトが違法であることの指導法】」で提案しています。

 

 

講習会参加者の感想の紹介

・学校教育の中で、教師自身が著作権を侵害しないことはもちろん、児童生徒にどのように著作権を理解させるか、また、侵害をすることでどのような影響があるのかなどを取り扱い、指導していくことの重要性を理解することができました。

・今回の研修に学校の代表として参加したところですが、今回の内容については、すべての教職員が理解し実践していかないといけない内容だと感じました。校内研修などの機会にこの内容を伝えることも大切だと思います。

 

 

登壇依頼者の感想紹介

・大変分かりやすいご講演で、受講者の著作権に対する理解は、本日でかなり深まったものと存じます。皆さまのご尽力により、規模・クオリティともに、過去にないものとなりました。

 

 

まとめ

音楽も漫画も、違法サイトは子どもたちのすぐ近くにあります。子どもたちは使う側だけでなく、発信する側にもなりえます。

学校は例外であることの自覚、子どもたちへの言葉かけ、著作権意識の周知が求められます。

学校の先生や保護者の方も著作権の知識が必要です。学校での著作権に関する情報は、研修や講習などでもお話をしています。(研修事例はこちら)国公立中学校での実践経験の中で培った現場目線を大切にしながら、各学校の実情やお悩みに沿って研修内容を考えます。ぜひお問い合わせください。

▶研修のご依頼・ご相談はこちらの専用ページで受け付けています。
▶その他のご相談・ご質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

学校著作権ナビゲーター

東京学芸大学卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。東京都公立中・東京学芸大学附属世田谷中に勤務。

2020年より学校勤務経験を活かして机上の法律と学校現場をつなぐ「学校著作権ナビゲーター」として活動を始め、YouTube・ウェブサイトにおいて教員・教育実習生が著作権を学ぶためのコンテンツを発信している。

音楽文化事業に関する有識者委員会委員(JASRAC)/共通目的事業委員会専門委員(SARTRAS)/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の学校著作権ナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました