【こちらをクリック】教員・学校のための著作権研修をご案内しております

漫画を使って学校で著作権教育をしてみよう!【海賊版サイトが違法であることの指導法】

【著作権教育のおすすめ教材】漫画を使って著作権を学ぶ学校著作権ナビ 動画
学校著作権ナビ 動画

知的財産権・著作権で出てくる「著作物」について、

1.著作物の種類
2.各著作物を学ぶ方法
3.著作物に応じた教育

をシリーズで紹介します。
今回は「漫画」を取り上げます。

 

学校での著作権の取り扱いについてはこのサイト・YouTubeチャンネル「原口直の学校著作権ナビ」で解説しています。まずは「学校における著作権入門(学校でコピーが許される理由とは)」の動画をご覧ください。

 

「海賊版」という言葉を聞いたことはありますか?
言葉は知らなくても、映画が上映される前に出てくるカメラダンサーを見たり、テレビ番組に「番組を許諾なくアップロードすることは違法です」という言葉を見かけたりしたことはあるかもしれません。

音楽や映画で耳にする言葉ですが、すべての著作物に「海賊版」はあります。
特によく使われる音楽・映画の他にビデオ・書籍・ソフトウェア。そして、今回取り上げる「漫画」があります。

「漫画」は言うまでもなく、子どもにはとても身近な著作物であり、著作権教育をするにはもってこいの教材です。
私が「週刊少年ジャンプ」を毎号読んでた1994年は売上部数最高記録の635万部を記録した年だったようです。『SLAM DUNK』『幽遊白書』『ドラゴンボール』といった名作ぞろい。『るろうに剣心』が始まった年でもあります。

著作権のルールは「作品は作った人のもの」「学校は例外」です

 

学校での著作権の取り扱いについてはこのサイト・YouTubeチャンネル「原口直の学校著作権ナビ」で解説しています。まずは「学校における著作権入門(学校でコピーが許される理由とは)
」の動画をご覧ください。

 

 

「漫画」という著作物の現状

著作物の中に「漫画」というカテゴリーはありません。
法律上の文言には、「四 絵画、版画、彫刻その他の美術の著作物」とあります。

海賊版の被害はどの著作物も大きいですが、漫画の被害は著しく拡大していく一方です。
「日本国内からのアクセス 海賊版上位10サイト合計の月別変化」(ABJ提供/similarweb調べ)によると、2021年10月たった1ヶ月でアクセスは約4億回をこえ、2020年年間の被害額は約2100億円/2021年年間は約1兆19億円でした。少なく見積もってこの金額です。
この金額が本来、著作者である漫画家さんや出版社に入っていると考えたら…ものすごい被害だということがわかります。

(資料:出版物海賊版サイトの最新データと、対策の現状補足

 

インターネット上の海賊版対策のための著作権法改正がされ、令和3年1月1日より開始となりました。

 

 

音楽や映像に加え、雑誌や書籍ほか著作物全ての海賊版のダウンロードが違法となりました。
また、自分が公開する側になるのはもちろん違法。使う側として違法と知りつつダウンロードするのも違法となりました。
正規版が有償で提供されている著作物の海賊版を反復・継続してダウンロードした場合、権利者が告訴すれば、2年以下の懲役・200万円以下の罰金に問われる可能性があるのです。

 

 

「漫画」の著作権を学ぶ方法

「漫画」の著作権を学ぶための、3つのサイトを紹介します。

 

総務省のサイト「上手にネットと付き合おう!~安心・安全なインターネット利用ガイド~」

上手にネットと付き合おう!~安心・安全なインターネット利用ガイド~」の特集ページには、「インターネット上の海賊版対策」のページがあります。

 

 

「海賊版を利用するとこういう良くないことがある。著作権法が改正されて、良いことにつながる。」というわかりやすい図式が始めにあります。
『僕のヒーローアカデミア』の海賊版対策のYouTube動画にリンクしていて、著作権法改正の内容についてもわかりやすく書かれています。

小学校高学年以上ですと、少し解説を加えれば理解できる内容です

 

一般社団法人ABJ「STOP!海賊版」

ABJとは「Authorized Books of Japan=公認された日本の本」という意味です。つまり「正規のサービスである=海賊版でない」という証明です。

ここでは『STOP!海賊版』として、様々な取組がされています。

 

 

人気漫画家16名による書き下ろしの海賊版対策の漫画が、ウェブ上で静止画と動画で見られます。日本語の他に英語・中国語で読むことができます。

他にメッセージバナー広告では、「海賊版」と検索した人に人気漫画24作品のキャラクターが閲覧をやめさせるメッセージが表示される仕組みです。江戸川コナンや桜木花道たちがそれぞれの言葉で海賊版の利用をやめさせようとします。

また、海賊版の見極めをするための「ABJマーク」について。正規のサービスであることを示すABJマークを策定・掲示・普及啓発をしています。

正しい情報を選び取る情報モラル教育に適しているサイトです

 

一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)

こちらは広く「漫画」を含めたコンテンツについての情報を得られます。

 

最近の話題で言うと、海賊版だけでなくファスト映画や海外の知的財産権の交流が上がっています。前述の『STOP!海賊版』の情報や著作権を管理する文化庁の情報も、手に入ります。

中学生や高校生の資料集めに適したサイトと言えます

 

 

「漫画」を使った著作権教育の方法

「漫画」を学校で使う場合を考えてみましょう。

図工美術や技術・家庭の作品を作る時に漫画のキャラクターを描く。
運動会や文化祭の看板やTシャツ、行事のしおりの表紙などで、漫画のキャラクターを描く。

日常的に目にする「学校内の漫画」です。
これらは「授業」なので著作権法35条の範囲内であり問題はありません。

 

著作権法35条には一体何が書いてあって、学校とどう関係があるのでしょうか?「【教員のための著作権解説】著作権法 第35条って何?」の動画で解説しています。

 

しかし、行事の看板やTシャツ・しおりが学校のウェブサイトや広報誌などの誰もが目にできる物に掲載されると、「授業」の範囲ではなくなり許諾が必要になります。
授業で作った作品もウェブサイトや広報誌に加えて、外部のコンクールや作品展に出品する場合は「授業」ではないので注意が必要です。
「漫画」を著作権教育に結び付ける場合は、こうした授業や行事の一環の制作の過程で話すのが自然でしょう。

 

また、別の方法として子どもたち自身に新しいキャラクターを考えさせたり、既存のキャラクターの魅力をプレゼンさせたりして、著作者の気持ちを体験させるのも有効です。

漫画やキャラクターのすばららしさは、誰よりも子どもたちがよくよく知っています。また、美術の部活動や趣味で詳しい子どもや好きな子どももいます。
子どもの気持ちをくすぐる授業を展開しましょう。その際に、著作物の使い手としてだけでなく、必ず作り手としての視点を持たせましょう。

 

 

まとめ:漫画を使って学校で著作権教育をしてみよう!【海賊版サイトが違法であることの指導法】

中学校音楽科で著作権の授業をした時、海賊版や違法アップロードの話を一通りした後に正直な生徒が「でも、ここで見られますよ!」と見せてくれました。
誰でも探せてしまう上、中学生はサイトを知っていることがヒーローになってしまうのです。

 

音楽の授業ではAKB48のCDを題材にして知財教育を行いました。「【音楽の新学習指導要領】音楽科で教える知的財産権の指導方法の実践例」の動画で詳しい内容を紹介しています。

 

著作権教育と同時に、著作者や著作物・文化を守る心を育てる教育も同じくらい重要です。ぜひ考えてみてください。

 

ウェブサイトの記事の内容は動画と同じです。
動画「漫画を使って学校で著作権教育をしてみよう!【海賊版サイトが違法であることの指導法】」も是非ご覧ください。

学校の先生や保護者の方も著作権の知識が必要です。学校での著作権に関する情報は、研修や講習などでもお話をしています。(研修事例はこちら)国公立中学校での実践経験の中で培った現場目線を大切にしながら、各学校の実情やお悩みに沿って研修内容を考えます。ぜひお問い合わせください。

▶研修のご依頼・ご相談はこちらの専用ページで受け付けています。
▶その他のご相談・ご質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

学校著作権ナビゲーター

東京学芸大学卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。東京都公立中・東京学芸大学附属世田谷中に勤務。

2020年より学校勤務経験を活かして机上の法律と学校現場をつなぐ「学校著作権ナビゲーター」として活動を始め、YouTube・ウェブサイトにおいて教員・教育実習生が著作権を学ぶためのコンテンツを発信している。

音楽文化事業に関する有識者委員会委員(JASRAC)/共通目的事業委員会専門委員(SARTRAS)/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の学校著作権ナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました