2021年10月ホームページを公開しました!

【報告】沖縄県・浦添市の学校司書の先生方に著作権・SARTRASに関する研修を行いました

【報告】沖縄県・浦添市の学校司書の先生方に著作権・SARTRASに関する研修を行いましたお知らせ
お知らせ
この記事は約2分で読めます。

沖縄県・浦添市の学校司書さん向けに学校での著作権やSARTRASについて講演を行いました。もちろんオンラインです。

今回は初めて「学校司書さん向け」というリクエストでした。

著作権法第35条「授業」の範囲で、学校司書さんが「どこまで」「どのように」関われるのかを、事前にいただいた質問にお答えしながら進めました。

 

学校関係者であるなら絶対に知っておきたい著作権法35条。「【教員のための著作権解説】著作権法 第35条って何?」で分かりやすく解説しました。

 

 

著作者の気持ちを理解するためのワークとは?

研修では、参加者も私も「著作物を『使う側』」の視点に終始してしまうのが課題でした

そこで『著作者の気持ち』をわかっていただくために、Googleフォームを使って川柳を創作して共有しました。
作品に込めた思いを語っていただくことで、自分が作った川柳を勝手に使われたり、一部を勝手に変えられたり、違う人の名前で発表されたりしたら嫌ですよね…という著作者の視点を持っていただきました。

 

学校図書館は著作物の宝庫であり、それを司る学校司書さんは学校での著作権を考える上でキーパーソンになりえます。
教科教育だけでなく、子どもに関わる様々な立場の人から著作権教育が進むことを期待します。

 

【学校を支える人】教員のための学校図書館・司書教諭活用のススメ」は学校図書館を活用していない先生に是非ご覧になって頂きたい動画です。

 

 

研修参加者の感想の紹介

・難しい内容にもかかわらず、分かりやすい解説と原口先生の優しい口調に、終始和やかな雰囲気の中、深い学びの時間となりました。

・「川柳」作りを通して、生み出した作品やアイディアに対する作者の思いが実感でき「著作権・知的財産権」に対する理解を一層深める機会となりました。

学校の先生や保護者の方にも著作権の知識は必要です。学校向けの著作権に関する情報は、学校での研修や講習などでもお話をしています。国公立中学校での実践経験の中で培った現場目線を大切にしながら、各学校の実情やお悩みに沿って研修内容を考えます。ぜひお問い合わせください。

▶お仕事・相談・質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

学校著作権ナビゲーター

東京学芸大学卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。東京都公立中・東京学芸大学附属世田谷中に勤務。

2020年より学校勤務経験を活かして机上の法律と学校現場をつなぐ「学校著作権ナビゲーター」として活動を始め、YouTube・ウェブサイトにおいて教員・教育実習生が著作権を学ぶためのコンテンツを発信している。

音楽文化事業に関する有識者委員会委員(JASRAC)/共通目的事業委員会専門委員(SARTRAS)/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の学校著作権ナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました