【こちらをクリック】姉妹サイト「原口直の一歩先ゆく音楽教育」でも著作権の情報を発信中!

学校・先生のための著作権相談室を開設しています!

学校・先生のための著作権相談室を開設しています!お知らせ
お知らせ
この記事は約3分で読めます。

オンライン授業・GIGA端末の導入に伴い、著作権に関する質問や相談が増えています。

学校や先生方から多くの問い合わせが寄せられているため、ご要望にお答えし「学校・先生のための著作権相談室」を開設しました。

>>相談・質問はこちらからどうぞ

 

ご参考までに、いままで寄せられた質問の一部を紹介します。

 

学校の先生からの著作権に関する質問

Q.自分の学校がSARTRASに補償金を支払っているかを確認できますか?

Q.自分の学校がSARTRAS(授業目的公衆送信補償金制度)に補償金を支払っているか、確認する方法はありますか?

(SARTRASとは一般社団法人授業目的公衆送信補償金等管理協会のことです。)

確認する方法は2つあります。

①学校設置者に問い合わせる。
公立学校の場合は教育委員会や自治体・私立学校の場合は学校法人等です。

②補償金を支払っているかどうかが公表される予定です。
2021年内にSARTRASサイトで補償金を支払った自治体や学校法人名が公表されます。

 

「SARTRASって何?」という場合は以下のサイトもご覧ください。

 

支払をしていないと、条件によっては「運動会の配信に音楽が使えない」「オンライン授業ができない」といったように、学習に支障をきたす可能性があります。

 

 

Q.YouTubeを授業で使って良いのでしょうか?

はい、使えます。

YouTube内の動画は、アップロードをする人が「著作権侵害をしていない動画であること」と確認の上でYouTubeにアップロードしています。よって、YouTubeの動画はすべて使えます。

・・・しかし、現実はどうでしょうか。
著作権侵害をしていないかどうかが不確かな動画(公式でないテレビ番組の録画、公式でない芸能人の切り抜き動画、個人が有名映画をアップなど)があります。

アップロードする人が「著作権の侵害」の意味を十分に理解しているかは不明です。もちろん、YouTubeや権利者が制限をかけたり、チャンネル所有者が著作権について知る機会をYouTubeが設けたり、視聴者が違反を報告したりすることもできます。

YouTubeはすべて授業に使えて違法動画の閲覧だけなら法には触れませんが、著作権侵害をしているかどうかが不確かな動画の使用は避けることをおすすめします。

 

 

Q.学校なら無断で楽譜のコピーをしていいですか?

コピーして良い場合と悪い場合があります。

 

【コピーして良い場合】
授業のため生徒の人数分だけ楽譜をコピーする
校内の部活動で演奏するため楽譜をコピーする
【コピーするのがダメな場合】
子どもでない人(教員や保護者)に配る楽譜をコピーする
学校外の音楽コンクールで演奏するために楽譜をコピーする

子どもでない(教員・保護者など)に配布するために楽譜をコピーしたい場合には、たとえば「作者の許諾を得る」ことで可能になります。

学校外の音楽コンクールで演奏するために楽譜をコピーしたい場合には、たとえば「部員の人数分の楽譜を購入する」「作者の許諾を得る」ことで可能になります。

 

学校の先生ではない教育関係者からの質問も大歓迎です。質問はこちらからどうぞ。

学校の先生や保護者の方にも著作権の知識は必要です。学校向けの著作権に関する情報は、学校での研修や講習などでもお話をしています。国公立中学校での実践経験の中で培った現場目線を大切にしながら、各学校の実情やお悩みに沿って研修内容を考えます。ぜひお問い合わせください。

▶お仕事・相談・質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

学校著作権ナビゲーター

東京学芸大学卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。東京都公立中・東京学芸大学附属世田谷中に勤務。

2020年より学校勤務経験を活かして机上の法律と学校現場をつなぐ「学校著作権ナビゲーター」として活動を始め、YouTube・ウェブサイトにおいて教員・教育実習生が著作権を学ぶためのコンテンツを発信している。

音楽文化事業に関する有識者委員会委員(JASRAC)/共通目的事業委員会専門委員(SARTRAS)/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の学校著作権ナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました